パート薬剤師さんの素敵な気遣い

以前勤めていた都内の病院には、名物おじいちゃんがいました。
私が新人の頃、窓口応対を学ぶために、来意する患者さんがかかりたい診療科に行けるように、院内を案内していました。

練習初日、病院の玄関から手押し車を押した、70才くらいのおじいちゃんが来ました。
おじいちゃんの服装は黄色い帽子、黄色いTシャツ、茶色いズボンに黄色いリュックといういで立ちです。どこからどう見ても【黄色!!】なんです(笑)。

体格は小柄ですが、ぽっちゃりしていて丸顔で、そして全身黄色の服。
私は「ディズニーのプーさんの恰好している人が来た。」と、つい思ってしまいました。

おじいちゃんは慣れた手つきで受付を済ませ、待合室で順番を待っています。
院内のスタッフは、おじいちゃんを見ると挨拶をしたり、少し話し相手になったり、体の具合を聞いたり・・・。とても気にかけているのに気づきました。
先輩に黄色いおじいちゃんについて聞いてみると、その先輩が新人の頃から黄色だった、身内はいなく、病院近くのアパートに一人で暮らしている。
黄色いTシャツは、24時間テレビのチャリティーTシャツで、毎年Tシャツを購入している。
という、マニアックな情報まで教えてくれました。
何よりすごいなぁと思ったのが、院内のベテランさんは、黄色いおじいちゃんが今日何科の診察なのか、今日やる検査は何なのかを把握していて、おじいちやんは言われるがままに院内を移動し、気が付くと看護師さんに手を引かれ会計までやってくるんです。
この病院では、会計をすると次回の予約票が発行されるのですが、おじいちゃんは手先がしびれてうまく小銭が取り出せません。
すると、事務の先輩はおじいちゃんの目の前で財布を開き、会計に必要な小銭を取り出していきます。
そう!まさに至れり尽くせりの患者さんなのです。

さらに、まだ話は続きます。
この病院には併設薬局があるのですが、こちらの薬局で私とほぼ同時に勤務を始めたので、勝手に私が同期と思っているパート薬剤師さんがいます。
この友人が、いつも病院まで薬を届けに来てくれるのです。もちろん、友人もおじいちゃんと仲良しです。
「ステキな患者さんがたくさんいる薬局で働くことが出来て私は幸せだよ」と、以前に言っていた理由がようやく分かった気がします。⇒⇒《薬剤師パート東京》

おじいちゃんはみんなに笑顔で「いつもありがとうね」「俺も世話になりっぱなしだから何かお返ししね~とな」なんて声をかけながら、毎日病院を訪れていました。

おじいちゃんは桜の時期になると、どこからか持ってきた桜の木の枝を、いつもの黄色いリュックにさしてやってきます。
全身黄色のおじいちゃんが桜を咲かせて来院する様は、まるで花坂じいさんのようです。
おじいちゃん用の花瓶まで用意され、待合室の一番目立つところに毎年飾ってありました。

おじいちゃんは残念ながら数年前に亡くなってしまいましたが。天国でもまた黄色いおじいちゃんとして笑顔でいてくれていると思っています。